米韓が対抗措置でミサイル発射 韓国軍の1発、基地に落下

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 韓国軍合同参謀本部によると、米韓両軍は5日未明、北朝鮮が日本列島の上空を通過する中距離弾道ミサイルを発射したことへの対抗措置として、地対地ミサイル計4発を日本海に向けて発射し、仮想標的に命中させた。これとは別に、韓国軍が4日深夜に弾道ミサイル1発を発射したが失敗し、基地内に落下した。韓国軍が原因を調べている。

 米韓両軍が発射した地対地ミサイルは「ATACMS(エイタクムス)」で、米軍と韓国軍が2発ずつ発射した。同本部は「北朝鮮のさらなる挑発を抑制する連合戦力の対応能力を示した」と説明。「北朝鮮がどのような場所で挑発しても、常時監視態勢を維持していて、挑発そのものを無力化する能力と態勢を備えている」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文622文字)

あわせて読みたい

ニュース特集