特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

プーチン大統領との交渉「不可能」に ウクライナが法令施行

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナの国家安全保障国防会議に出席したゼレンスキー大統領=キーウで2022年9月30日、ウクライナ大統領府提供・ロイター
ウクライナの国家安全保障国防会議に出席したゼレンスキー大統領=キーウで2022年9月30日、ウクライナ大統領府提供・ロイター

 ロシアの侵攻を受けているウクライナのゼレンスキー大統領は4日、プーチン露大統領との交渉を「不可能」とする法令が施行されたと明らかにした。ウクライナメディアが報じた。ロシアがウクライナ東・南部4州の「併合」手続きを一方的に進める中、領土の奪還に向け徹底抗戦する構えを示した形だ。

 法令は、プーチン氏が4州の「併合」を宣言した9月30日に、ウクライナの国家安全保障国防会議が決定した内容を反映したもの。ロシアによる併合の試みに対し、ウクライナ領土保全のための国内の行動を規定しており、法令の管理は国家安全保障国防会議に委ねられると明記している。

 領土交渉に関する権限を国家に一元化することで、ロシアが擁立した親露派の地方当局者がロシアと併合手続きを進めることを法的に規制する狙いもあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文712文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集