特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

効率良く分子合成「クリックケミストリー」の礎築く 化学賞の3氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2022年のノーベル化学賞受賞が決まった(左から)キャロリン・ベルトッツィ教授、モーテン・メルダル教授、バリー・シャープレス教授=ノーベル財団のホームページより
2022年のノーベル化学賞受賞が決まった(左から)キャロリン・ベルトッツィ教授、モーテン・メルダル教授、バリー・シャープレス教授=ノーベル財団のホームページより

 スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2022年のノーベル化学賞を米スタンフォード大のキャロリン・ベルトッツィ教授(55)とデンマーク・コペンハーゲン大のモーテン・メルダル教授(68)、米スクリプス研究所のバリー・シャープレス教授(81)に授与すると発表した。

 複雑な構造をした分子を簡単に効率良く作り出す「クリックケミストリー」の基礎を築き、医薬品の合成や細胞の研究に貢献したことが評価された。シャープレス教授は01年に野依良治(のより・りょうじ)・名古屋大特別教授と共にノーベル化学賞を受賞しており、今回で2度目の受賞が決まった。

 医薬品などとして使われる物質の場合、その複雑な分子を作るためには、材料となる分子を溶液の中で混ぜ合わせて化学反応させる工程を重ねることが一般的だ。

 しかし、反応が進まなかったり、想定とは別の反応が起きてしまったりすると効率が悪く、同じものを大量に作り出すのが難しかった。

 メルダル教授は02年、化学反応で…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1190文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集