大阪桐蔭、夏の悔しさ乗り越え3度目日本一 同期の結束もピカイチ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1失点完投でチームを優勝に導いた大阪桐蔭の川原=宇都宮市清原工業団地の宇都宮清原球場で2022年10月5日午前10時31分、玉井滉大撮影
1失点完投でチームを優勝に導いた大阪桐蔭の川原=宇都宮市清原工業団地の宇都宮清原球場で2022年10月5日午前10時31分、玉井滉大撮影

 栃木県で開かれている第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」は5日、宇都宮市の宇都宮清原球場で特別競技・高校野球(硬式)の決勝が行われ、夏の甲子園8強の大阪桐蔭(大阪)が同4強の聖光学院(福島)を5―1で降し、5年ぶり4回目の優勝を果たした。大阪桐蔭は昨秋の明治神宮大会、今春のセンバツに続く「3冠」を達成した。

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文836文字)

あわせて読みたい

ニュース特集