最も重くて「厳重注意」 バドミントン協会元職員私的流用問題

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
元職員の横領について経緯を説明する日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事=東京都新宿区で2022年3月25日午後3時、岩壁峻撮影
元職員の横領について経緯を説明する日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事=東京都新宿区で2022年3月25日午後3時、岩壁峻撮影

 日本バドミントン協会の元職員が約680万円を私的流用した問題などを巡り、協会の関係者に対する処分が、最も重いもので一部幹部への「厳重注意」となったことが判明した。5日、複数の関係者の話で明らかになった。他の処分対象者は「注意」にとどまるという。

 元職員は2020年6月に諭旨退職となった。

 問題を調査した第三者委員会は、…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文261文字)

あわせて読みたい

ニュース特集