聖光学院、“無類”の誇り示す 監督「選手に感謝」 国体・高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
聖光学院の赤堀主将=宇都宮市清原工業団地の宇都宮清原球場で2022年10月5日午前10時0分、玉井滉大撮影
聖光学院の赤堀主将=宇都宮市清原工業団地の宇都宮清原球場で2022年10月5日午前10時0分、玉井滉大撮影

 栃木県で開かれている第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」は5日、宇都宮市の宇都宮清原球場で特別競技・高校野球(硬式)の決勝が行われ、夏の甲子園4強の聖光学院(福島)は、同8強の大阪桐蔭(大阪)に1―5で敗れた。優勝には届かなかったが、選手らは「無類」の誇りを示した。

 4点を追う九回表、先頭で打席に入ったのは主将の赤堀颯だった。「人生を懸けて振ってこいと送り出してもらった」。6球目、やや甘くなった外角の直球を逆らわずに中前にはじき返した。「たくさんの力が働いて良いところに打球が飛んだ。いろいろなものが詰まったヒットだったと思う」。後続が倒れて優勝には届かず、試合後は涙があふれた。

 「無類のチーム」をテーマに掲げ、日本一を目指してきた。夏の甲子園ではこれまで春夏合わせて5度はね返されてきた甲子園4強への壁を初めて破り、歴史を塗り替えた。国体は日本一の最後のチャンス。選手らはもう一つの新たな歴史を作るべく、本気で優勝をつかみにいった。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文767文字)

あわせて読みたい

ニュース特集