特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ノーベル文学賞のエルノー氏 一人称で自身の体験を文学的に昇華

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ノーベル文学賞を受賞したアニー・エルノー氏=木村知勇撮影
ノーベル文学賞を受賞したアニー・エルノー氏=木村知勇撮影

 スウェーデン・アカデミーは6日、2022年のノーベル文学賞を、フランスの作家、アニー・エルノー氏(82)に授与すると発表した。授賞理由は「個人的な記憶のルーツ、疎外、集団的束縛を明らかにした勇気と客観的な鋭敏さに対して」。贈呈式は12月10日、ストックホルムで開かれる。

 現代フランスを代表する女性作家。作品は日本語をはじめ各国語に翻訳され、昨年には、世界各国でヒットした小説「シンプルな情熱」(1991年)を原作にした同名の映画が日本公開されている。

 40年、フランス・ノルマンディー地方のリルボンヌ生まれ。ボルドー大などを卒業後、高校教員をしながら創作活動を始め、74年に「空っぽの簞笥(たんす)」でデビューした。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文620文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集