特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

親ロシア派幹部、露国防相を異例の批判「兵は命をささげているのに」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア国防省主催の国際会議で登壇するショイグ国防相=モスクワ郊外で2022年8月16日、前谷宏撮影
ロシア国防省主催の国際会議で登壇するショイグ国防相=モスクワ郊外で2022年8月16日、前谷宏撮影

 ロシアが一方的に「併合」を宣言したウクライナ南部ヘルソン州の親露派幹部は6日、ショイグ露国防相に対して「自殺」を検討すべきだと述べた。親露派幹部がプーチン政権の閣僚を批判するのは異例だが、ロシア軍がウクライナ東部や南部で苦戦していることへの不満を反映した形だ。

 ヘルソン州で親露派の「副知事」を務めるストレモウソフ氏は6日、通信アプリ「テレグラム」に4分間のビデオメッセージを投稿した。この中で「もし自分がこの状況下で国防相だったら、自殺していてもおかしくないと多くの人が言っている」と述べ、シ…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集