特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ情勢まとめ

ウクライナ南部の州都に空爆、7人死亡(10月7日)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
初開催された欧州政治共同体の会場で記者会見するフランスのマクロン大統領=チェコの首都プラハで2022年10月6日、ロイター
初開催された欧州政治共同体の会場で記者会見するフランスのマクロン大統領=チェコの首都プラハで2022年10月6日、ロイター

 ウクライナ南部ザポロジエ州の州都ザポロジエ市中心部が6日午前5時(日本時間午前11時)すぎ、ロシア軍の攻撃を受け、死者が出た。また、欧州44カ国による「欧州政治共同体(EPC)」の初会合が6日、チェコ・プラハで開かれた。ウクライナに侵攻を続けるロシアへの対抗を念頭に、フランスのマクロン大統領が提案した枠組みで、欧州連合(EU)加盟の27カ国に加え、ウクライナなども参加した。ウクライナ情勢を巡る日本時間7日までの動きを中心にまとめた。【デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文968文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集