特集

札幌冬季五輪招致

2030年冬季オリンピック・パラリンピック開催へ向けて、札幌市が招致活動を進めています。招致の動き、課題をリポート。

特集一覧

札幌ってどんな街?車椅子目線で浮かび上がるバリアフリーの課題

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2030年冬季オリンピック・パラリンピック招致を目指す札幌市。開催に向けて「すべての人にやさしい共生社会の実現」を掲げる。北海道内は冬季競技の開催にうってつけだ。一方、観客の移動の利便性も考えなければならない。その際、障害者の暮らしやすさを考えることが議論のたたき台になるかもしれない。健常者すら移動に困る冬季をはじめ市内の環境は障害者の目にどのように映るのか。車椅子ユーザーの視点で見ると、いくつもの不便さが浮かび上がる。共生社会の実現のため、何ができるだろう。【高橋由衣】

 ガタッ。道路の脇から歩道に上ろうとした車椅子がよろめいた。この日、初めて車椅子に乗って、札幌市中心部で横断歩道を渡った江別市の大西康裕さん(35)は、周囲のサポートでなんとか歩道に移動できた。「少しの段差や道路の傾きで不安定になり、危険を感じた」と足元の障壁に困惑した。

この記事は有料記事です。

残り1618文字(全文1993文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集