連載

鉄道開業150年・駅のある風景

1872(明治5)年10月14日、日本最初の鉄道が開業しました。歴史を探るために欠かせない駅を訪ねました。

連載一覧

鉄道開業150年・駅のある風景

150年前に開業 日本初のターミナルは?象徴としてたたずむSL

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
JR新橋駅を行き交う列車の光跡=東京都港区で2022年9月21日、渡部直樹撮影(30秒露光の画像7枚を比較明合成)
JR新橋駅を行き交う列車の光跡=東京都港区で2022年9月21日、渡部直樹撮影(30秒露光の画像7枚を比較明合成)

 1872(明治5)年10月14日。この日、日本最初の鉄道が開業した。150年たった今も、鉄道は私たちの生活から切り離すことができない存在だ。その歴史を探るために欠かせない、ある駅を訪ねた。そこで働く人たちは特別な思いを感じるのだろうか。ちょっとした疑問を抱えながら。

 山手線や東海道線が通るJR新橋駅(東京都港区)は、サラリーマンたちでにぎわう飲食店街が周囲にあることでも知られる。1日平均の乗降者数は約33万4800人。多くのビルに囲まれた場所にある駅の改札を出てすぐ、待ち合わせスポットになっている「SL広場」は、この駅が他の駅にはない歴史を持っていることを教える。

 「汽笛一声 新橋を」。鉄道唱歌の歌い出しに登場する新橋駅は150年前、日本で初めてのターミナル駅として開業の日を迎えた。当時、「陸蒸気(おかじょうき)」と呼ばれた列車は、横浜駅(現在の桜木町駅)までの29キロを約1時間で駆け抜けた。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文887文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集