JR大阪駅に飛び出す「ヒョウ」 迫力の3D映像が話題

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 JR大阪駅(大阪市北区)に巨大なヒョウが現れ、行き交う人々を驚かせている。コンピューターグラフィックス(CG)で作られた3D映像だが、まるで本物のように動き回る様子は迫力たっぷり。SNS(ネット交流サービス)に投稿されるなど人気だ。

 映像が流れているのは、大阪駅1階「暁の広場」にある大型ビジョン(縦3メートル、横11メートル)。約2分半に1回、企業広告の合間に全長3メートルのヒョウ「アカツキ」が登場する。エスカ…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集