セクハラや性暴力「男女問わず日常的に」 元自衛官・一問一答

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男性隊員による性暴力について防衛省の謝罪を受ける被害者の元1等陸士、五ノ井里奈さん(左)=衆院第1議員会館で2022年9月29日、丸山博撮影
男性隊員による性暴力について防衛省の謝罪を受ける被害者の元1等陸士、五ノ井里奈さん(左)=衆院第1議員会館で2022年9月29日、丸山博撮影

 防衛省は9月末、陸上自衛隊郡山駐屯地(福島県)に所属していた元1等陸士、五ノ井里奈さん(23)に対する複数の男性自衛隊員による性暴力を認め、防衛省幹部は五ノ井さんに謝罪した。防衛省では年々ハラスメントの相談件数が増えており、五ノ井さんの同僚の女性隊員も被害に遭ったことが判明している。自衛隊を辞め、中傷を受けても被害を訴え続ける五ノ井さんの思いとは。防衛省に求めることとは。五ノ井さんに聞いた。【聞き手・日下部元美】

 ――防衛省から直接謝罪をされたときどんな気持ちでしたか。

この記事は有料記事です。

残り2832文字(全文3070文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集