北海道新聞記者が情報漏えい 取材メモ置き忘れ 2年間公表せず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北海道新聞社=札幌市中央区で、源馬のぞみ撮影
北海道新聞社=札幌市中央区で、源馬のぞみ撮影

 北海道新聞社(札幌市中央区)は7日、帯広支社の記者(41)が2020年11月、同僚の取材メモを取材先に置き忘れ、内容が外部に漏えいしたと発表した。道新は関係者が訴訟を起こしていることなどから約2年間、事実を公表していなかった。

 道新の法務広報グループによると、記者は道東にある流通会社を取材で訪れた…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

あわせて読みたい

ニュース特集