連載

football life

サッカーがある日常、フットボールに生きる人々を描きます。

連載一覧

football life

最後まで拭えなかった違和感 J1川崎、3連覇逃す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【FC東京-川崎】後半、ゴール前のボールに飛び込む川崎の知念慶(右)。左はFC東京の東慶悟=味の素スタジアムで2022年11月5日、宮武祐希撮影
【FC東京-川崎】後半、ゴール前のボールに飛び込む川崎の知念慶(右)。左はFC東京の東慶悟=味の素スタジアムで2022年11月5日、宮武祐希撮影

 サッカー・J1の川崎フロンターレは、リーグ戦3連覇に届かなかった。YBCルヴァン・カップ、天皇杯全日本選手権を含めた「国内3大タイトル」を逃すのは2016年シーズン以来。終盤こそ吹っ切れたような戦いを見せたが、シーズンを通せば拭いきれない違和感があった。

 逆転優勝へ、わずかな可能性を信じて挑んだ5日のFC東京戦は窮地に立たされた。先制しながら前半29分、カウンターを受けると、ペナルティーエリアを飛び出したGK鄭成龍が相手を倒して一発退場。先制点のMF脇坂泰斗は「冷静でいないと失点してしまう」と、1人少ない中で必死に立て直した。その後は点の取り合いの末に勝ち越し、最後はDFを5人にしてリードを守り抜いた。

 しかし数分後に横浜F・マリノスが勝利。涙を流す選手もいた。鬼木達監督は「最後まで勝利への執念を見せてくれた」と選手をたたえる一方、「いろんな所で取りこぼしをした事実がある。リーグの結果は年間を通してのものなので、もっと突き詰めていかないといけない」と振り返った。

 13年目のストライカー、小林悠がシーズン中に発した言葉が象徴的だった。

 9月17日の柏レイソル戦は追いつかれて1―1で引き分け、「何も考えずにボールを回せるシーンが少ない。考えながらプレーしている時点で遅い」。

 10月1日の北海道コンサドーレ札幌戦は終盤に2失点して3―4で敗れ、「逆転までは良かったけど、そこからバタバタしてしまった」。

 今季は先制した25試合は18勝3分け4敗。先制すれば無敗だった昨季までの2シーズンとは対照的に、逃げ切れないだけでなく、…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文1243文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集