阿部一二三と詩、きょうだいそろって3度目の優勝 世界柔道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女子52キロ級決勝で英国のチェルシー・ジャイルズ(左)を攻める阿部詩=タシケントで2022年10月7日、共同
女子52キロ級決勝で英国のチェルシー・ジャイルズ(左)を攻める阿部詩=タシケントで2022年10月7日、共同

 柔道の世界選手権第2日は7日、タシケントで男女各1階級が行われ、男子66キロ級は阿部一二三(パーク24)が決勝で丸山城志郎(ミキハウス)に優勢勝ちし、2018年以来3度目の優勝を遂げた。丸山は3連覇を逃した。

 女子52キロ級の阿部詩(日体大)は決勝で東京オリンピック3位のチェルシー・ジャイルズ(英国)に優勢勝ちし、19年以来3度目の優勝。昨夏の五輪に続き、兄の阿部一とともに頂点に立った。…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1352文字)

あわせて読みたい

ニュース特集