特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナと向き合う

感染対応前提の施設作り 川越・三井病院 秦怜志病院長(62) /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三井病院長・秦怜志さん
三井病院長・秦怜志さん

 新型コロナウイルス流行の「第7波」では、県内でも7月に感染が急拡大し、1日の新規感染者数は8月上旬に過去最多を更新した後、徐々に減りつつある。行動制限のない中、病院や高齢者施設などでクラスター(感染者集団)の発生が相次ぎ、発熱外来や救急搬送が逼迫(ひっぱく)した。コロナ患者の治療にあたる三井病院(川越市)の秦怜志病院長(62)に第7波の特徴を尋ねた。【鷲頭彰子】

 ――コロナ患者の入院を受け入れ、発熱外来を設置しました。

この記事は有料記事です。

残り1285文字(全文1497文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集