特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

避難民支援で2人派遣 NICCO ウクライナに40日間 /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 難民らの支援を続けるNGO・日本国際民間協力会(NICCO、京都市中京区)は9日、ロシアによる侵攻を受けているウクライナにスタッフ2人を派遣する。南部のオデッサ州イズマイール市で約40日間、避難民に食料や生活物資、医療物資を届ける。

 NICCOは1979年に発足。ヨルダンやインド、アフガニスタンで自立支援などに取り組んでいる。

 ウクライナ侵攻を受け、5月には南隣のルーマニアに5人の調査チームを派遣。当時は約80万人のウクライナ人が逃れてきていたが、ルーマニアにはとどまらず、ヨーロッパ諸国を目指して移動を続ける避難民が多いことが分かったという。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文512文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集