特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

コロナ感染者の郵便投票、参院選で1832人 「4日前必着」ネックに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
感染療養者の郵便投票手続きを紹介する動画=総務省のホームページから
感染療養者の郵便投票手続きを紹介する動画=総務省のホームページから

 新型コロナウイルス感染で外出自粛中の療養者が選挙で投票できる「特例郵便等投票」を7月の参院選で利用したのは、全国で1832人だった。総務省の統計で分かった。当時は第7波が拡大中。投開票日直前の宿泊施設と自宅等療養者は計17万人以上だった。未成年なども含まれるため実際に郵便投票対象だった有権者数は不明だが、多くが投票をしなかった可能性がある。

 総務省は9月22日、無症状感染者などが療養中に投票所で投票することを「必要最小限の外出」と認め、都道府県などに通知。期日前を含め可能としたが、今後も「感染拡大防止の観点から特例郵便等投票が望ましい」との方針を示している。

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1390文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集