連載

鉄道開業150年・駅のある風景

1872(明治5)年10月14日、日本最初の鉄道が開業しました。歴史を探るために欠かせない駅を訪ねました。

連載一覧

鉄道開業150年・駅のある風景

登山客でにぎわった日本一のモグラ駅は?いまは「映えスポット」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 群馬県の山あいに、ぽつんとたたずむ小さな駅がある。かつて登山客らでにぎわったその駅は利用者の減少で無人駅となったが、近年は家族連れやカップルらがこぞって訪れる人気スポットになっているという。何が、人々を引きつけているのだろうか。

 電車のドアが開いてホームに降りると、ひんやりとした空気に包まれた。薄暗いトンネル内は霧が立ちこめたような状態で、電車の前照灯がぼうっと青白く構内を照らす。SF世界に入り込んだような幻想的な空間に訪れた人をいざなう。

 群馬県みなかみ町、新潟との県境近くに「日本一のモグラ駅」と称する駅がある。JR上越線・土合(どあい)駅の下り線ホームは地下の新清水トンネル内にあり、地上の上り線ホームとの標高差は約80メートルある。駅舎から下り線ホームにつながる階段は486段。歩くと10分ほどかかり、階段の途中には休憩用のベンチが置かれている。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文979文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集