特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

「安倍氏は国賊」発言の村上氏 処分は? 前例と照らし合わすと

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
対談で語る自民党衆院議員の村上誠一郎さん=東京都新宿区で2020年10月16日、宮武祐希撮影
対談で語る自民党衆院議員の村上誠一郎さん=東京都新宿区で2020年10月16日、宮武祐希撮影

 7月に銃撃され死亡した安倍晋三元首相を「国賊」と表現したとされる自民党の村上誠一郎元行政改革担当相について、党紀委員会(衛藤晟一委員長)は12日から処分するか否かの検討を始める。過去には亡くなった首相経験者に対する「おだぶつ発言」でも処分を免れたケースがあるが、今回は――。

「さすがに『国賊』は…」

 「あの言葉を使っちゃいけない」。安倍派の塩谷立会長代理は9月29日、記者団に対して語気を強めて村上氏の処分の必要性を訴えた。同日、塩谷氏から要請を受けた茂木敏充幹事長はその場で衛藤党紀委員長に電話し、処分の検討を諮問する意向を示した。

 問題となったのは、村上氏が時事通信などの取材に対して行った発言だ。村上氏は安倍氏の国葬を欠席すると表明。安倍氏について「財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊した。国賊だ」と語ったとされる。党内では「さすがに…

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1319文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集