特集

Fun!フィギュア

フィギュアスケートを楽しむ「Fun!フィギュア」。銀盤で輝きを放つスケーターが描く魅力あふれる世界を伝えます

特集一覧

リンクサイド

三原舞依「いつも以上に早く感じた」 フィギュアスケート近畿選手権

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フィギュアスケート近畿選手権の女子SPで演技する三原舞依=兵庫県尼崎市で2022年10月9日、大西岳彦撮影
フィギュアスケート近畿選手権の女子SPで演技する三原舞依=兵庫県尼崎市で2022年10月9日、大西岳彦撮影

 フィギュアスケート近畿選手権は9日、兵庫県尼崎市で女子ショートプログラム(SP)があり、1月の4大陸選手権優勝の三原舞依選手(シスメックス)は71・84点だった。予定したジャンプは全て着氷した。演技後の三原選手の談話は次の通り。

「いつも以上に早く感じた」

 始まってからプログラムを終えるまでいつも以上に早く感じて、一つ一つ集中できた。10月というのが信じられないくらい。気を抜かずにやりたい。(フリーは8月の)げんさん(サマーカップ)の映像を見…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

【Fun!フィギュア】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集