連載

和歌山のワザ

中小企業ならではのこだわりの技術、それを生かした自慢の製品や商品。「1社1元気技術」として和歌山県に登録されている“和歌山のワザ”。その現場を訪ねます。

連載一覧

和歌山のワザ

ODEC=有田市 金属3Dプリンター造形技術 全てのものを「カタチ」に /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
今までにない形状を生み出す金属3Dプリンター=有田市野のODECで2022年9月29日午後2時34分、姜弘修撮影
今までにない形状を生み出す金属3Dプリンター=有田市野のODECで2022年9月29日午後2時34分、姜弘修撮影

 コンピューターで設計した立体物を印刷するように造形する3Dプリンター。近年は世界で金属への活用が進み、航空機や産業機器の部品など最終製品に使われるまでになっているという。金属加工などを手掛けるODEC(オデック)はその可能性に着目し、最先端の金属3Dプリンターを県内で初めて導入した。社長の中昌紀さん(49)は「AMの世界でパイオニアになれるのではという思いがあった」と話す。

 AMとは「Additive Manufacturing」の略で、付加製造や積層造形と訳される。材料を削って作る従来の加工とは対照的に、材料を足しながら造形する方法を指す。ODECが採用した「パウダーベッド方式」の金属3Dプリンターを例にすると、平らに敷いた金属粉末にレーザーを照射し、1層ずつ設計した形状に結合させ、積み上げて目的の構造物を作り出す。残った金属粉末は再び材料になるのでロスも少ない。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1082文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集