特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

今年前半の国内「超過死亡」、最大4万6000人 コロナ後で最多

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所戸山庁舎=東京都新宿区で、本橋和夫撮影
国立感染症研究所戸山庁舎=東京都新宿区で、本橋和夫撮影

 死者数が例年の水準に基づく予測値に比べてどれだけ上回っているかを示す「超過死亡」が、今年1~6月に1万7000~4万6000人に上り、新型コロナウイルス流行以降で最多となったとの推計を国立感染症研究所などがまとめた。厚生労働省の人口動態統計(速報値)や共同通信の集計では、この間の総死者数は77万7000人で、新型コロナに感染して死亡したのは1万2800人超だった。

 増加の要因として、新型コロナによる直接死のほか、医療逼迫(ひっぱく)の影響で医療機関にアクセスできず新型コロナ以外の疾患で亡くなったケース、外出抑制など生活習慣の変化に伴い持病が悪化したケース、経済的な困窮によって自殺したケースなど間接的な影響も考えられると専門家はみている。

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1089文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集