特集

円安と物価高

日本の物価が上がり始めました。円安・ドル高もコスト上昇に拍車をかけ、商品・サービスの値上げラッシュが続いています。

特集一覧

1ドル146円台 24年ぶり、為替介入の効果消し飛ぶ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1ドル=146円台の円相場を示すモニター=東京都中央区の上田東短フォレックスで2022年10月12日午前10時53分、長谷川直亮撮影
1ドル=146円台の円相場を示すモニター=東京都中央区の上田東短フォレックスで2022年10月12日午前10時53分、長谷川直亮撮影

 12日の東京外国為替市場で円相場が対ドルで急落し、一時1ドル=146円台を付け、1998年8月以来約24年ぶりの円安・ドル高水準を更新した。政府・日銀が9月22日に実施した円買い・ドル売りの為替介入直前の145円90銭を突破し、介入効果はほぼ半月で消えた。市場では政府・日銀の追加介入への警戒感も出ている。

 米労働省が7日に発表した雇用統計で失業率が改善したことを受け、米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅な利上げを続けるとの見方が広がり、日米金利差の拡大を見込んだ円売り・ドル買いが進んでいる。ウクライナ情勢の緊迫化に伴い、有事に強いとされる基軸通貨のドルを買う動きも広がっている。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文652文字)

【円安と物価高】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集