高齢集落支える鳥取の移動スーパー 「買い物福祉サービス」の挑戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
移動販売スーパー「あいきょう」に買い物に訪れた女性たち=鳥取県日野町上菅で、2022年8月29日午後1時27分、中尾卓英撮影
移動販売スーパー「あいきょう」に買い物に訪れた女性たち=鳥取県日野町上菅で、2022年8月29日午後1時27分、中尾卓英撮影

 人口が全国最少の鳥取県で最も少子高齢化が深刻な日野町。地元スーパー「あいきょう」は約30年間、町のお年寄りの暮らしを守ってきた。全国の生協や移動スーパー「とくし丸」のビジネスモデルにもなったあいきょうの事業継承を機に、限界集落で高齢者が暮らし続けるために必要な移動販売と見守りを兼ね備えた「買い物福祉サービス」の現場をルポする。

この記事は有料記事です。

残り1605文字(全文1770文字)

あわせて読みたい

ニュース特集