地産地消、ガス代いい値 エネルギー高騰の中、価格据え置き 千葉、茂原・九十九里など

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
地下から天然ガスを含んだかん水をくみ上げるガス井=千葉県長生村で2022年6月2日午前11時47分、山本佳孝撮影
地下から天然ガスを含んだかん水をくみ上げるガス井=千葉県長生村で2022年6月2日午前11時47分、山本佳孝撮影

 日本から約8000キロも離れたウクライナへのロシアによる侵攻は、私たちの生活にも影響を与えている。円安もあり、エネルギー価格の高騰は深刻だ。国の調査では、侵攻開始から半年にあたる8月の都市ガス代は、全国的に前年比約20~30%上昇した。ところが、そんな中でもガス代がほとんど変わらない地域が首都圏にある。経済のグローバル化がもたらす打撃の中、その地域でガス代が維持されているのはとてもローカルな事情によるものだった。

 「ガス代の高騰は全く実感していません」

この記事は有料記事です。

残り1840文字(全文2069文字)

あわせて読みたい

ニュース特集