特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

2回戦・三菱重工East―Honda熊本|社会人野球日本選手権2022

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

三菱重工EastがHonda熊本降す 8強出そろう

【Honda熊本-三菱重工East】八回裏三菱重工East2死一塁、小柳が左越え2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影
【Honda熊本-三菱重工East】八回裏三菱重工East2死一塁、小柳が左越え2点本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は第8日の6日、京セラドーム大阪で2回戦が行われ、前回準優勝の三菱重工EastがHonda熊本を3―1で降し、3大会連続で準々決勝に進んだ。7日の準々決勝で日本通運と対戦する。

【Honda熊本-三菱重工East】八回裏三菱重工East2死一塁、小柳に2点本塁打を許し、膝をつくHonda熊本・片山=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影
【Honda熊本-三菱重工East】八回裏三菱重工East2死一塁、小柳に2点本塁打を許し、膝をつくHonda熊本・片山=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影

 三菱重工Eastが接戦を制した。一回、小柳の中前適時打で1点を先制。一度は追いつかれたが、八回に小柳が左越え2ランを放ち、勝負を決めた。先発の大野が6回1失点と試合を作り、その後は長島が相手打線を封じた。Honda熊本は四回に丸山がスクイズを決めたものの、その他の場面では打線がつながらなかった。

【Honda熊本-三菱重工East】四回表Honda熊本1死一、三塁、丸山がスクイズを決める=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影
【Honda熊本-三菱重工East】四回表Honda熊本1死一、三塁、丸山がスクイズを決める=京セラドーム大阪で2022年11月6日、中川祐一撮影

三菱重工East・佐伯功監督

 粘り合いになったが、4番が良くやった。両投手(大野と長島)も持ち味を発揮した。早く寝て次戦に備えたい。

【Honda熊本-三菱重工East】力投する三菱重工Eastの先発・大野=京セラドーム大阪で2022年11月6日、滝川大貴撮影
【Honda熊本-三菱重工East】力投する三菱重工Eastの先発・大野=京セラドーム大阪で2022年11月6日、滝川大貴撮影

Honda熊本・渡辺正健監督

 中盤に点を取れなかったのが後半に響いた。(八回に片山が浴びた2ランは)その前の四球がもったいなかった。

 相手の大野投手はいい変化球をコーナーに投げていた。狙い球の絞り込みが足りなかった。先発した高橋はランナーも出していたが、最少失点で粘れていたのは来年につながる。(4番の古寺は2試合とも無安打)彼なりにプレッシャーを感じながら打撃をしていたが打っていくのが4番の仕事。来年に向けての課題として冬から練習に取り組んでほしい。

【Honda熊本-三菱重工East】四回表Honda熊本1死一、三塁、丸山のスクイズで石井が生還=京セラドーム大阪で2022年11月6日、滝川大貴撮影
【Honda熊本-三菱重工East】四回表Honda熊本1死一、三塁、丸山のスクイズで石井が生還=京セラドーム大阪で2022年11月6日、滝川大貴撮影

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集