特集

安全保障

日本周辺の安全保障環境が厳しさを増しています。政治や経済、外交など、日本の針路を考えます。

特集一覧

安保関連3文書巡る与党協議、18日に初会合 トップに麻生太郎氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党の萩生田光一政調会長
自民党の萩生田光一政調会長

 自民党の萩生田光一政調会長と公明党の高木陽介政調会長は13日、国会内で会談し、政府が年末までに改定する外交・防衛政策の基本方針「国家安全保障戦略」など安保関連3文書に関する与党協議会を立ち上げ、18日に初会合を開くことで一致した。トップには自民は麻生太郎副総裁、公明は北側一雄副代表がそれぞれ就く。安保や財源などについて検討する実務者レベルのワーキングチーム(WT)も設置し、2層構造で協議を進める。

 年末の文書閣議決定までに、与党としての考えをまとめる。相手国のミサイル発射拠点などをたたく「反撃能力」(敵基地攻撃能力)保有の是非や、自民が目指す国内総生産(GDP)比2%への防衛費増額など、両党間で隔たりのある論点が主要議題となる。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文795文字)

【安全保障】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集