バンクシーを富山で見よう 代表作をリアルに再現 高岡市美術館で展覧会 謎のストリートアーティスト /富山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イスラエルの軍事攻撃で廃虚と化したガザ地区に残された壁画の再現展示=富山県高岡市中川1の市美術館で、青山郁子撮影
イスラエルの軍事攻撃で廃虚と化したガザ地区に残された壁画の再現展示=富山県高岡市中川1の市美術館で、青山郁子撮影

神出鬼没、謎のストリートアーティスト

 神出鬼没の謎のストリートアーティスト、バンクシーの代表作を、リアルに再現した「バンクシーって誰?」展が、富山県高岡市中川1の同市美術館で開かれている。昨年の東京展では約100日間で18万人以上が訪れた人気企画で、北陸の開催は高岡のみと注目が集まる。12月6日まで。【青山郁子】

 バンクシーは1990年代に英・ブリストルで活動を始めたとされる。主に英、米、中東で、政治的、社会的なテーマの作品を残しているが、だれも姿を見た者はいないという。その名を一躍有名にしたのは、2018年のアートオークション。少女と赤い風船を描いた作品が約1億5000万円で落札された瞬間、額に仕込まれたシュレッダーで切り刻まれた映像は、全世界で大きな話題を集めた。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文781文字)

あわせて読みたい

ニュース特集