特集

第47回社会人野球日本選手権

第47回日本選手権大会(10月30日~11月9日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

決勝・トヨタ自動車―NTT東日本|社会人野球日本選手権2022

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

トヨタ自動車が最多6回目V NTT東日本降す

【NTT東日本-トヨタ自動車】優勝して喜ぶトヨタ自動車の選手たち=京セラドーム大阪で2022年11月9日、中川祐一撮影
【NTT東日本-トヨタ自動車】優勝して喜ぶトヨタ自動車の選手たち=京セラドーム大阪で2022年11月9日、中川祐一撮影

 第47回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)は9日、大阪市の京セラドーム大阪で決勝が行われ、トヨタ自動車(愛知)がNTT東日本(東京)を8―1で降し、現存チームの優勝回数の最多記録を更新する6回目の優勝を果たした。

【NTT東日本-トヨタ自動車】八回表を無失点に抑え拳を突き上げるトヨタ自動車の先発・嘉陽=京セラドーム大阪で2022年11月9日、滝川大貴撮影
【NTT東日本-トヨタ自動車】八回表を無失点に抑え拳を突き上げるトヨタ自動車の先発・嘉陽=京セラドーム大阪で2022年11月9日、滝川大貴撮影

 トヨタ自動車が13安打8得点で快勝した。1点を追う三回、1死一、二塁から多木の2点適時二塁打で逆転すると、逢沢の適時打でさらに1点を追加。八回には北村の適時打などで5点を加え試合を決めた。先発の嘉陽は走者を出しながらも、8回1失点と好投。最後は渕上が3人で締めた。NTT東日本は二回、佐久本の適時打で先行。投手陣は小刻みな継投で終盤まで粘ったが、打線は7安打を放ちながらも追加点が遠かった。

【NTT東日本-トヨタ自動車】三回裏トヨタ自動車1死一、二塁、多木が2点二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月9日、中川祐一撮影
【NTT東日本-トヨタ自動車】三回裏トヨタ自動車1死一、二塁、多木が2点二塁打を放つ=京セラドーム大阪で2022年11月9日、中川祐一撮影

トヨタ自動車・藤原航平監督

 全員が役割を果たして頑張ってくれた。良いチームだった。投手中心の守りの野球を全員が体現してくれた。

 NTTさんは強敵。去年の都市対抗で敗れてからそこを目標に戦ってきた。

 (多木の適時打について)多木は調子が上がらない中でも自分のスイングを貫き通してやってくれると思って見ていた。

 (先発の嘉陽について)実は初戦で足にボールが当たって満身創痍(そうい)。球の強さも精度も最高だった。

【NTT東日本-トヨタ自動車】八回裏トヨタ自動車1死満塁、北村が左前2点適時打を放つ(捕手・佐久本)=京セラドーム大阪で2022年11月9日、中川祐一撮影
【NTT東日本-トヨタ自動車】八回裏トヨタ自動車1死満塁、北村が左前2点適時打を放つ(捕手・佐久本)=京セラドーム大阪で2022年11月9日、中川祐一撮影

NTT東日本・平野宏監督

 いい投手でないと流れをもってこられないと思って先発は多田でいった。打線の方で前半にあと一本が欲しかった。

 3―1の点差が続いた今日のような展開をどう逆転していくかがこれからの課題になる。逆転しそうな雰囲気もあったし、簡単に負けないチームになってきたのは収穫だと思う。自分たちの野球を磨いて来年の日本一を目指したい。

【NTT東日本-トヨタ自動車】二回裏を無失点に抑えベンチに戻るNTT東日本の先発・多田=京セラドーム大阪で2022年11月9日、滝川大貴撮影
【NTT東日本-トヨタ自動車】二回裏を無失点に抑えベンチに戻るNTT東日本の先発・多田=京セラドーム大阪で2022年11月9日、滝川大貴撮影

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集