特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

銃撃容疑者の母 献金数千万円が未返還 旧統一教会「申告ない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)本部=東京都渋谷区で
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)本部=東京都渋谷区で

 岸田文雄首相は17日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)を宗教法人法に基づき調査するよう、永岡桂子文部科学相に指示した。旧統一教会の高額献金問題が注目されるきっかけとなった安倍晋三元首相の銃撃事件。殺人容疑で送検された山上徹也容疑者(42)は、母親が計1億円を超える献金をし、旧統一教会に恨みがあったと供述している。関係者によると母親は事件後も信仰を続けており、献金も数千万円が未返還のままだ。

 親族によると、母親は山上容疑者が小学生だった1991年に入信。死亡した夫の生命保険金や相続した不動産の売却益などを原資に計約1億円を献金した。一家は困窮し、母親は2002年に自己破産した。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文600文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集