特集

安全保障

日本周辺の安全保障環境が厳しさを増しています。政治や経済、外交など、日本の針路を考えます。

特集一覧

安保関連3文書 改定へ与党初会合 「ロシアに厳しい姿勢」は一致

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ワーキングチームの初会合で発言する自民党の小野寺五典安保調査会長(奥中央)と公明党の佐藤茂樹外交安保調査会長(同左)=衆院第2議員会館で2022年10月19日午後3時1分、竹内幹撮影
ワーキングチームの初会合で発言する自民党の小野寺五典安保調査会長(奥中央)と公明党の佐藤茂樹外交安保調査会長(同左)=衆院第2議員会館で2022年10月19日午後3時1分、竹内幹撮影

 自民、公明両党は19日、政府が年末までに改定する外交・防衛政策の基本方針「国家安全保障戦略」など安保関連3文書に関する与党協議のワーキングチーム(WT)の初会合を国会内で開いた。ウクライナに侵攻したロシアに対して厳しい姿勢を3文書に盛り込む方針で一致。一方、中国に関しては、重大な脅威と捉えるべきだとする自民側と、対話を重視する公明側で折り合わず、継続協議することになった。

 自民の小野寺五典・安保調査会長がWT座長に、公明の佐藤茂樹・外交安保調査会長が座長代理に就任。12月中旬までに週1~2回ペースで協議を重ね、政治判断が必要な案件は自民の麻生太郎副総裁や公明の北側一雄副代表ら両党幹部でつくる与党協議会に委ねる。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文503文字)

【安全保障】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集