特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

辞職勧告決議案を1票差で否決 「8割大陸」の小林氏に三重県議会は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
辞職勧告決議案の採決後に報道陣の取材に応じる小林貴虎三重県議(左)=津市の県議会で2022年10月19日午後0時13分、朝比奈由佳撮影
辞職勧告決議案の採決後に報道陣の取材に応じる小林貴虎三重県議(左)=津市の県議会で2022年10月19日午後0時13分、朝比奈由佳撮影

 三重県議会は19日の本会議で、安倍晋三元首相の国葬に関し「反対のSNS発信の8割が隣の大陸からだった」などとツイッターに投稿した小林貴虎県議(48)=自民=に対する辞職勧告決議案を、起立採決の結果、23対22(退席2)の1票差で否決した。

 反対したのは、県議会第2会派の自由民主党の17人と、第3勢力の「草莽」の6人。最大勢力の「新政みえ」と日本共産党、地域政党「草の根運動いが」は賛成した。公明党は退席した。

 決議案は、旧民進党系で最大会派の「新政みえ」など3会派の議員が共同で提出。「特定の国や人々に対しての差別や偏見を助長する」と投稿を批判し、辞職を求める内容だった。

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文925文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集