西鉄が保有バス2割をEV化へ 中古車両を改造、新車より安価に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
電気バスに改造した西日本鉄道のバス=西日本鉄道提供
電気バスに改造した西日本鉄道のバス=西日本鉄道提供

 西日本鉄道は、保有バスの2割に当たる500~600台を2030年度までに電気自動車(EV)にする目標を発表した。電気バスはコストの高さが課題だが、中古のバスを改造してコストを下げる。台湾メーカーの技術を取り入れて西鉄子会社が車両の改造を担い、他のバス会社からの受注も目指す。

 西鉄は、住友商事が出資する台湾の電気バスメーカー「RAC」と共同でディーゼルエンジンの中古バスを電気バスに改造する技術を開発し、22年6月から北九州市で試験的に運行。1回の充電での平均航続距離は130キロで、二酸化炭素…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

あわせて読みたい

ニュース特集