SBI、新生銀を非上場化へ 地銀連合の中核に据え収益化狙う

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
SBIホールディングスの傘下に入った新生銀行の看板
SBIホールディングスの傘下に入った新生銀行の看板

 地方銀行との連携を進めるSBIホールディングス(HD)が、傘下の新生銀行の株式上場を取りやめる非上場化の本格検討に入ったことが19日、分かった。約3500億円の公的資金を返済するには、株価を現在の3倍強に上げて国の保有分を買い取る必要があり、ハードルが高い。非上場化すれば短期的な利益を求める投資家の圧力が減り、株価に左右されず機動的に経営改善に取り組める。SBIが出資する地銀連合の中核として収益力を高め、公的資金返済への道筋を付ける。

 ただ非上場化するには、3分の2以上の株主から賛同を得るなどの条件があり、思惑通り進むかどうか不透明な部分もある。株主である国や機関投資家の理解を得るためにも、もうかる仕組みを打ち出すことができるかが課題だ。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文794文字)

あわせて読みたい

ニュース特集