特集

円安と物価高

日本の物価が上がり始めました。円安・ドル高もコスト上昇に拍車をかけ、商品・サービスの値上げラッシュが続いています。

特集一覧

「インフレ手当」支給の企業続々 「負担少しでも軽く」生活下支え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
陳列された商品を整理する従業員。資源高などで商品の値上げラッシュが続いている=東京都足立区西保木間2の「スーパーさんよう」で2022年6月10日午後1時4分、道下寛子撮影
陳列された商品を整理する従業員。資源高などで商品の値上げラッシュが続いている=東京都足立区西保木間2の「スーパーさんよう」で2022年6月10日午後1時4分、道下寛子撮影

 記録的な円安や原材料価格の高騰を背景に、日用品などの値上げラッシュが続く中、社員に一時的な「インフレ手当」を支給する企業が相次いでいる。終わりの見えない物価上昇の負担感を和らげ、社員の生活を下支えする狙い。ただ企業収益も圧迫されており、賃金を一律で底上げするベースアップ(ベア)につながるかは見通せない。

 中華料理チェーン「大阪王将」を展開するイートアンドホールディングスは、社員など約480人を対象に「生活応援特別手当」を支給する。10月支給分から一律8000円を毎月の給与に上乗せした。担当者は「生活の負担を少しでも軽くし、業務に集中してもらいたい」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文659文字)

【円安と物価高】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集