連載

ポッドキャスト―今夜、BluePostで

「今夜、BluePostで」は記者が取材現場で感じたこと、考えたことをきっかけにリスナーの皆さんとつながる音声番組です。

連載一覧

ポッドキャスト―今夜、BluePostで

「今夜、BluePostで」 リスナーと考える入管難民問題

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
名古屋出入国在留管理局で死亡したウィシュマ・サンダマリさんの遺影を持つ妹ワユミさんと共に歩くデモ参加者たち=東京都台東区で2022年9月4日、和田大典撮影 拡大
名古屋出入国在留管理局で死亡したウィシュマ・サンダマリさんの遺影を持つ妹ワユミさんと共に歩くデモ参加者たち=東京都台東区で2022年9月4日、和田大典撮影

 毎日新聞の記者がお送りするポッドキャスト「今夜、BluePostで」。毎週水曜日は、ニュースをジェンダーの視点で読んでみる、をテーマにデジタル報道センターの菅野蘭記者がお届けします。

 今回はリスナーの皆さんから届いたお便りを基にお送りします。9月21日と28日配信の放送では入管難民問題をテーマに、名古屋出入国在留管理局で2021年3月にスリランカ人女性のウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)が収容中に死亡した事件や、外国人に対する差別についてお話ししました。この放送に寄せられたお便りをデジタル報道センターの上東麻子記者と一緒に紹介します。

 ご感想はツイッターにハッシュタグ「#ブルーポスト」を付けてどんどんお寄せください。

   ◇

 利用されているブラウザーのCookie設定で、プレーヤーが表示されない場合があります。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集