仕事ミスで罰金「正当化できず」 旅館料理長らに賠償命令 京都地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
京都地裁、京都簡裁が入る庁舎=村田拓也撮影
京都地裁、京都簡裁が入る庁舎=村田拓也撮影

 仕事でミスをするたび、上司に1回500円の「罰金」を支払わされるなどのパワーハラスメントを受けたとして、大津市の旅館「びわこ緑水亭」の元従業員4人が、男性料理長と運営会社に慰謝料など計約2700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁(光吉恵子裁判官)は19日、料理長と会社に計約86万円の支払いを命じた。

 判決は、料理長が遅くとも2006年から、調理場の従業員が皿を割ったり遅刻したりすると、1回500円の「罰金」を徴収していたと認め、「職場内の優位性を背景に懲罰的に徴収したもので、正当化できない」と非難。徴収した計約80万円を支払うよう命じた。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文497文字)

あわせて読みたい

ニュース特集