特集

東京五輪汚職

東京オリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、大会組織委元理事らが逮捕。祭典の裏で何が。

特集一覧

五輪汚職、賄賂額は5ルートで2億円近くに 3種の“見返り”とは

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「サン・アロー」が東京五輪・パラリンピックの公式ライセンス商品として販売した大会マスコット「ミライトワ」(左)と「ソメイティ」のぬいぐるみ
「サン・アロー」が東京五輪・パラリンピックの公式ライセンス商品として販売した大会マスコット「ミライトワ」(左)と「ソメイティ」のぬいぐるみ

 東京五輪組織委の高橋治之元理事に対する受託収賄容疑は、新たに大手広告会社「ADKホールディングス」、玩具会社「サン・アロー」の2ルートが加わり、立件された賄賂額は5ルートで計2億円近くに達した。元理事が企業側の依頼で図ったとされる便宜の内容は、大会スポンサーの選定▽スポンサー契約の代理店選定▽公式商品のライセンス契約――のいずれかを巡る3種類に分類できる。

 元理事は、最初に逮捕された紳士服大手「AOKIホールディングス」ルートでは、同社側から日本選手団の「公式服装」の優先供給権を含むスポンサー契約を締結できるよう便宜を図ってほしいなどとの依頼を受け、計5100万円の賄賂を受け取ったとして東京地検特捜部に起訴された。2回目の逮捕となった出版大手「KADOKAWA」ルートでも…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1089文字)

【東京五輪汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集