仮想空間で事故再現、交通規制必要なし 大阪府警「新たな武器」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪府警が確立した新鑑定法により作成された、トラック1台とバイク1台の事故車両を投影した3Dモデルの見本=府警提供
大阪府警が確立した新鑑定法により作成された、トラック1台とバイク1台の事故車両を投影した3Dモデルの見本=府警提供

 交通事故の実況見分を仮想空間上で行い、当時の車両速度や位置関係を導き出す新たな鑑定法を大阪府警が確立した。土木現場の測量にも使われる「3Dレーザースキャナー」を使い、パソコン画面で事故をリアルに再現する手法で、警察庁によると全国初。大規模な交通規制が必要だった従来の実況見分の課題も克服し、執拗(しつよう)なあおり運転も精緻に検証できる。府警担当者は「速度などは量刑にも関わる事故捜査の重要な要素。立証のための新たな武器ができた」と胸を張る。

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1529文字)

あわせて読みたい

ニュース特集