特集

LGBT

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えています。当事者の思いや社会の課題を追います。

特集一覧

2人に1人「自殺考えた」 10代LGBTQの深刻な今

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ReBitのスタッフで、多岐にわたる相談に対応している石倉摩巳さん=ReBit提供
ReBitのスタッフで、多岐にわたる相談に対応している石倉摩巳さん=ReBit提供

 LGBTQなどの性的少数者の若者の意識を調査したところ、10代の半数近くがこの1年間に自殺を考え、7人に1人が自殺未遂をしていたとの調査結果を、認定NPO法人「ReBit(リビット)」(東京都)がまとめた。LGBTという言葉は確かに広まってきた。ただ、親が性的少数者を「そっち」と表現するなど、日常の会話で当事者は傷つけられ「相談できない」と思い詰めている。【藤沢美由紀】

この記事は有料記事です。

残り2180文字(全文2367文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集