「息子の収入申告せず」と女性の生活保護打ち切り 市が敗訴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山口県山陽小野田市
山口県山陽小野田市

 息子に収入があると知りながら申告しなかったとされ生活保護を打ち切られたのは違法として、山口県山陽小野田市の女性が市に処分の取り消しを求めた訴訟で、山口地裁は19日、処分を取り消す判決を言い渡した。山口格之(のりゆき)裁判長は、家庭の事情などが十分考慮されていなかったとし、市の対応を「裁量権の逸脱または乱用があった」とした。

 判決などによると、女性は離婚後にうつ病などで働けなくなり、2000年10月から生活保護を受給していた。市は、2人暮らしをしていた高校生の次男が15年ごろに始めたアルバイトで約2年間に67万円近い収入があったことを把握。女性が次男のアルバイトを知っているのに申告しなかったとして17年8月に生活保護を打ち切った。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文573文字)

あわせて読みたい

ニュース特集