重文・多久聖廟の柱、塗料剝がされ落書き? 佐賀県警が捜査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
多久聖廟の柱で見つかった傷=佐賀県多久市で19日午後
多久聖廟の柱で見つかった傷=佐賀県多久市で19日午後

 佐賀県多久市教育委員会は19日、国の重要文化財で孔子を祭る多久聖廟(せいびょう)の柱が傷つけられたと発表した。県を通じて文化庁に報告。被害届を受けた県警は文化財保護法違反容疑で調べている。

 市教委や県警によると、傷が見つかった柱は聖廟の西側にあり、地上から約1・2メートルの位置で塗料が剥がされ「S…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文333文字)

あわせて読みたい

ニュース特集