特集

旦過市場火災

旦過市場で2022年4月19日に42店舗を焼く火災が発生、8月10日にも再び大火に。「北九州の台所」のこれからは。

特集一覧

前向く店主ら「今度はこちらが旦過を元気に」 4月の火災から半年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「アーケード通り」の焼損店舗前には仮囲いや幕が設置されている=北九州市小倉北区で2022年10月19日午後0時57分、林大樹撮影
「アーケード通り」の焼損店舗前には仮囲いや幕が設置されている=北九州市小倉北区で2022年10月19日午後0時57分、林大樹撮影

 北九州市民の台所として親しまれてきた旦過市場(小倉北区)一帯で発生した4月の火災から、19日で半年を迎えた。8月には2度目の火災に見舞われ、市場周辺は大きく姿を変えたが、活気あふれる元の市場を取り戻そうと前を向く店主らの姿も見られた。

 4月19日未明に発生した火災では、市場北側の「新旦過横丁(よこちょう)」を中心に42店舗が焼け、焼損面積は1924平方メートルに及んだ…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集