特集

Fun!フィギュア

フィギュアスケートを楽しむ「Fun!フィギュア」。銀盤で輝きを放つスケーターが描く魅力あふれる世界を伝えます

特集一覧

GPシリーズ開幕戦、日本勢がマリニンに挑む スケートアメリカ展望

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ジャパンオープンで演技を終えた三浦佳生=さいたまスーパーアリーナで2022年10月8日、吉田航太撮影
ジャパンオープンで演技を終えた三浦佳生=さいたまスーパーアリーナで2022年10月8日、吉田航太撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは、第1戦スケートアメリカ(21~23日、米国・ノーウッド)を皮切りに幕を開ける。男子では2014年ソチ、18年平昌でオリンピック2連覇を果たしプロ転向した羽生結弦さんや、今年2月の北京五輪金メダルのネーサン・チェン選手(米国)らが不在。女子もウクライナ侵攻により強豪・ロシア勢が国際大会から除外されているため、ファイナル(12月8~11日、イタリア・トリノ)まで混戦が予想される。

 スケートアメリカは、男子で北京五輪銀メダルの鍵山優真選手(オリエンタルバイオ・中京大)が左足首の故障のため欠場。日本からは、今季から本格的にシニア参戦する期待の17歳、三浦佳生選手(オリエンタルバイオ・目黒日大高)に加え、島田高志郎選手(木下グループ)、三宅星南選手(関大)が挑む。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文636文字)

【Fun!フィギュア】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集