家康の母、於大の方に思いはせ 420回忌記念法要 /愛知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 戦国武将、徳川家康の母親として知られる「於大(おだい)の方」の420回忌記念法要がこのほど、菩提(ぼだい)寺の伝通院(東京都文京区)で徳川家臣団の子孫らで作る「柳営会」によって営まれた。

 於大の方は1528(享禄元)年、後の刈屋城主、水野忠政の娘として現在の東浦町に生まれた。41(天文10)年、岡崎城主、松平広忠と結婚し、42年に竹千代(後の徳川家…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

あわせて読みたい

ニュース特集