参院予算委 経済対策や旧統一教会を巡る被害救済で論戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=東京都千代田区で2022年8月3日午前7時56分、竹内幹撮影
国会議事堂=東京都千代田区で2022年8月3日午前7時56分、竹内幹撮影

 参院予算委員会は20日午前、岸田文雄首相と全閣僚が出席し、2日目の総括質疑を実施した。公明党は、政府が月内にまとめる物価高対策を含む総合経済対策について質問。日本維新の会は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題を巡り、宗教法人法に基づく解散命令請求や被害救済に向けた法案に関し、首相の見解をただす。

 公明の谷合正明氏は、電気・ガス料金の高騰対策や子育て支援策の検討状況について質問。佐々木さやか氏は、旧統一教会による霊感商法を防ぐため、地域の見守りネットワーク活用を提唱する。

 維新の音喜多駿氏は、…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文391文字)

あわせて読みたい

ニュース特集