NY株反落、99ドル安 米景気後退に懸念、売り優勢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比99・99ドル安の3万0423・81ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅利上げを続けることで景気後退に陥るとの懸念が根強く、リスク回避の売り注文が優勢となった。

 米長期金利が上昇し、相対的に割高感が意識されたIT…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文265文字)

あわせて読みたい

ニュース特集