米EVテスラ、最終利益倍増 7~9月 インフレで最高益更新は逃す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米電気自動車大手テスラ本社=カリフォルニア州パロアルトで2020年2月、中井正裕撮影
米電気自動車大手テスラ本社=カリフォルニア州パロアルトで2020年2月、中井正裕撮影

 米テスラが19日発表した2022年7~9月期決算は、最終(当期)利益が32億9200万ドル(約4900億円)と前年同期から倍増した。電気自動車(EV)の販売が堅調だった。ただ四半期としての最高益の更新は4~6月期に続いて逃した。原材料費の高騰など記録的なインフレが響いた。

 売上高は56%増の214億5400万ドル。販売価格を頻繁に値上げする戦略が奏功した。世界販売台数は42%増の34万3830台となり、節目の30万台を2四半期ぶりに上回った。新型コロナウイルス再流行に伴うロックダウン(都市封鎖)が続いた中国・上海の工場が操業を再開したのが追い風になった。

 …

この記事は有料記事です。

残り95文字(全文377文字)

あわせて読みたい

ニュース特集